税理士 岡崎市・安城市・豊田市・西尾市・刈谷市対応 法人税申告・決算書作成は、名古屋・岡崎法人税申告・決算サポートセンター

名古屋法人設立・法人税申告センター

トップページ サイトマップ アクセスマップ
0120-054-078 メールでのお問い合わせはこちら

会社設立の流れ

それでは、株式会社の発起設立を例に、会社設立の手順を見て行きましょう。

発起設立の流れ

手順1.会社概要の決定

発起人、役員、商号、事業目的、決算期、資本金など、会社設立時に必要になる項目を決定します。
後日変更が必要な場合もあります。
sankaku.png

手順2.類似商号・事業目的のチェック

会社の所在地を管轄する法務局で、念のため類似商号のチェックを行います。
※会社法施行後はチェック規定はなくなりました
事業目的は、具体的な業種を箇条書きで記載します。
※定款作成前に法務局に確認することをお勧めします。
定款作成前に確認しましょう。
sankaku.png

手順3.定款作成・定款認証

会社の基本的な決め事を記載した書類を作成します。
作成後は公証役場で定款認証を行います。
発起人全員の印鑑証明書を用意します。
会社の代表者印も用意します。
sankaku.png

手順4.資本金の払い込み

資本金は出資者自身の銀行口座に払い込みます。
払い込んだ口座の預金通帳の<コピーを用意します。
sankaku.png

手順5.設立登記申請

資本金払い込み後、法務局にて登記申請をします。
登記申請をした日」が会社設立日となります。
1週間前後で登記は完了します。
「登記事項証明書」「印鑑証明書」を入手します。
申請後7日前後で完了しますので、期限になったら受け取りに行きます
sankaku.png

手順6.設立後の税務手続き

法人設立届出書、青色申告の承認申請書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書等を期限内に提出します。
※提出書類、提出先については忘れずに確認下さい。
税務署、都道府県税事務所等への届け出を行います。

 以上が、会社設立の手続きですが、詳細については、以降のページで確認して下さい。
 尚、当事務所で設立させていただいた場合の、お客様との業務分担も合わせて確認しましょう。

 当事務所で設立した場合の業務の流れと業務分担

kaishaserutiru_nagare.gif

では、具体的な手続きを順を追って見て行きましょう。

定款作成について


会社設立関連ページ


会社設立・決算申告・頼れる税理士探しなら0120-054-078